納豆初体験

先日、生まれて初めて納豆を食べた。
小さい頃から納豆は匂いと粘りが嫌で、一度も食べた事がなかった。
昔の納豆はとにかく匂いが強烈で、当時の私は、人間の食べるものではないとまで思っていた。
朝起きて台所から納豆の匂いがしてくると、一日不機嫌になるほど苦手だったのだ。
だが、最近の納豆は私の様な納豆嫌いの為?開発されたのか、
匂いや粘りがあまりないものもあるという。
自分の食生活の中に納豆という文字はなかったのだが、
テレビで見た納豆特集に影響されて少し食べてみようか、という気になっていた。
身体にいいと知ってからも毛嫌いしていたのも関わらず、
食べてみようという気になったのだから歳のせいかもしれない。
実に自分勝手な話だが、健康を気遣う歳になったから、身近な納豆に目を向けはじめたに違いない。
最後の決め手となったのは、納豆好きの姪っ子の食べっぷり。
彼女は小さい頃からとにかく納豆が大好きで、ご飯のおかずには納豆があればそれで良い子だった。
あまりにも目の前で美味しそうに食べるので、私の食欲をそそったのだ。
いざ食してみると、何故30数年も食べていなかったのか不思議なほど、普通に受け入れることが出来た。
納豆さん、今まで食べる事なく嫌っていてごめんなさい、そんな気持ちにさえもなった。
これからは納豆に恩義を感じつつ、日々の食卓のお供になるに違いない。
私の納豆嫌いを直してくれた姪っ子に一番感謝の言葉をかけるべきなのかもしれない、
そんなことを思う、初体験の出来事だった。

カテゴリー: 食べ物 | コメントをどうぞ

初めてのエマルシファイイングワックス使用の手作りクリーム

昨日は、エマルシファイイングワックスという乳化剤を使った手作りクリームを初めて作ってみました。初めてのことだったので失敗しても仕方がないと思っていましたが、意外に簡単にできました。

今までは乳化剤に水添レシチンを使っていましたが、それと比べるとエマルシファイイングワックスのほうが作りやすい感じがしました。私は手間をかけたくないので、乳化剤を溶かすのに電子レンジを使っています。家のレンジだと、水添レシチンの場合は何度も温めと確認を繰り返すのですが、今回のエマルシファイイングワックスは30秒ほど1回加熱しただけで溶けてくれました。うまく溶けたのは少量だったということもあると思いますが、水添レシチンの場合はしっかり加熱しないと水とオイルが分離してしまいやすくなるので、この点はとてもいいと思いました。

その後早速使ってみましたが、使用感は軽くてべたつくこともないので、オイリーな私の肌にぴったりでした。これまでの経験から言うと、水添レシチンを使ったほうがぷっくりとしたとろとろのクリームになるように思いますが、エマルシファイイングワックス使用のクリームもなめらかで肌触りがいいです。伸びもよく、これから作り続けたいクリームになりました。

今回のクリームがどれくらい持つのかはまだ未知数ですが、これから気温が高くなってきたら、防腐剤などを入れることも検討したいと思っています。今はまだ基本のレシピで精一杯なので、ひとまず今回のクリーム作りに慣れるまでやってみる予定です。

カテゴリー: 食べ物 | コメントをどうぞ

雨が降ると。

昨日は雨だった。雨の日は、なぜか洗濯をしたくなる。

当然家の中に干す事になるけど、2回とか3回とか回してしまう。

というわけで、昨日も3回も回してしまった。
シーツとか大きいものはさすがに洗っても干す場所がないので、クッションカバーや枕カバーといった小物を次々と洗濯機に放り込んだ。

雨の日というのは気分は沈みがちだ。
その為に掃除に気合いが入らないということも理由の一つなのだが、洗濯機が動いていると、「あぁ、今日も私は頑張っている」という気分になってくる。
頑張っているのは洗濯機なのは一応分かっているけれど。

洗濯機にしてみたらきっと良い迷惑で、「こんなに働かせて何様のつもりだ」と、一言文句でも言いたい所だろう。

そう思いながらも2回、3回とたくさんの洗濯物を干して、ちょっとした爽快感を味わう。ずらりと並んだ洗濯物を見て、げんなりする人も多いと思うが、私はどちらかというと気分が軽くなるのだ。

さっぱりと奇麗になったカバーに包まれる枕やクッションを想像して、一足先に清々しい気分にもなるし、何よりも「やった感」というか、達成感である。
これまた洗濯機にしてみれば横取り以外の何者でもなく、失礼なだけであるが。

しかし、そんな気分もつかの間、それらが全て乾いた時、また気分が滅入ってくる。山の様にかたまりになった、清々しいはずの洗濯後の布の数々・・・。

そう、私は洗濯は好きなのだが、片付けるのが嫌いなのだ。

この事を忘れた頃、また雨の日がやってきて、私はせっせと洗濯に励むのだ。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

結局何にも変わらない政治

みなさんももうとっくにお気づきの方も多いと思いますが、今の状況を見てもやっぱり政治は何一つ変わらないのだなと思います。それは総理大臣にしてもその側近にしても特に抜本的な解決策を何一つ講じようとする気配がありません。

結局やることといえば従来どおりの公共投資ぐらいのもので、財政再建はもうどうでもいいようです。そして、一番腹が立つことと言えば、今の市場の活況がまるで自分が何か素晴らしいことをしたお陰のような言い草を平気でしているところです。
特に何もしないで大口だけ叩いていたら市場が反応した結果だけなのに、具体的に今後の日本経済に明るい道筋を付けたわけでもないのにあの傲慢な態度が本当に気に入らないです。
高級品や車や家が売れているのだって別にアベノミクスとかいうもののお陰なんかではないです。
単に来年の4月以降に高額な物を買ったら損だと思っている人達が買いあさっている結果です。
もし本当にアベノミクスとやらのお陰で景気が良くなったからみんながお金を使いたくて使っているなら来年の4月以降もおそらくこの状況は続いているはずです。
でも、消費税が上がった途端に家や車やブランド品などの売り上げが極端に減ればそれはアベノミクスのお陰で売れていたのではないという証明になります。

そして何より今の一般家庭の状況が景気回復などしていないことを表しています。確かにブランド品等の高級品の類は今はたくさん売れているようです。でも、スーパーの食品売り場は特に今までと消費者の消費行動に違いはないようです。
これが今の日本の状況を端的に表していると思います。

カテゴリー: 生活 | コメントをどうぞ

おすすめの3DダンジョンRPG

3DダンジョンRPGというと、皆さんは何を想像するでしょうか?

古くはウィザードリィから始まったこの手のジャンルの特徴は「ダンジョン内の画面だけが表示」されており、プレイヤーは文字と簡素なグラフィックだけで、後は想像を膨らませてプレイしていました。

時は移り変わり、現代になってもそのスタイル自体は変わらなくとも、さまざまな形態の3DダンジョンRPGが登場します。

女神転生、世界樹の迷宮、ダンジョンマスター、エルミナージュと、ダンジョン内を歩く画面だけが表示されるパターンは変わらないのに、ここまでマイナーチェンジを施すことができるのかと驚きます。

たとえば女神転生は悪魔合体や悪魔との交渉画面を戦闘画面に取り入れたことで、プレイヤーに自由度を持たせました。世界樹の迷宮はDSという携帯ゲーム機との親和性が高く、タッチペンで自ら地図を書いていくというアナログさが受けました。

エルミナージュはウィザードリィをリスペクトし、理不尽な罠や敵の強力さ、ダンジョンの難易度が高いが、アイテムコレクションができ、マップもオートなので初心者にもすんなりと受け入れられたというポイントがあります。

もし、この中で最高のダンジョンゲームを決めろと言われれば、私はエルミナージュが一番バランス的に良いのではないかと思いました。これから始めようと思っている人には、ぜひエルミナージュをおすすめします。DSで1と2が出ていますので、ぜひプレイしてみてください。3DダンジョンRPGへの抵抗が薄れ、ぐっとゲーム世界にハマれることでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

CDが盗まれたけれど販売元の対応に感謝です

インターネットのショッピングサイトでCDを購入しましたが、発送したというメールが届いてからもう1週間になるのに届きません。

さすがに遅すぎるだろうと思って、配送業者に問い合わせたところ、すでにポストに投函済と言われてしまいました。

メール便での配送だったので、ポストへの投函で良いのですが、我が家にはどう考えても届いていないのです。

実は、以前にも4回メール便で送られてくるはずの商品が届かないことがあり、盗難にあっていることは気が付いていたのですが、どれも百円ちょっとしかしない値段のものだったので、配送業者に問い合わせてポストに投函したと言われたら、それで諦めてきました。

でも、今回は金額が大きいので、さすがに諦めがつきません。

そこで、警察に被害届を出すことにしました。

警察官から、販売元にも話をしておくと、被害を補償してくれる場合もあるので、事情を話してみるように勧められて問い合わせをしたら、なんと再度CDを発送してくれると言ってもらえました。

販売元のミスではないのに、補償してもらえるなんて思ってもみなかったので、対応の良さに感謝です。

盗まれた時には、もうネットでの買い物はしないでおこうと思っていましたが、きちんと対応してもらえることを知り、また利用させていただこうと思いましたよ。

それから、被害届を受理してくれた町の交番の方々にも感謝です。

たった数千円の被害なのに、話をきちんと親身になって聞いてくれたので、ほっとすることができました。

カテゴリー: 生活 | コメントをどうぞ

TOEICスコアの価値

恥ずかしながら45歳無職の私。なかなか採用の決まらない中、ハローワークの求人票やインターネット求人サイトの募集内容の中に頻繁に“TOEICスコア”が出てくるのが気になっていました。仕事で英語が必要だということは分かるのですが、どうも仕事の内容と、要求しているTOEICのスコアの上下関係に納得いかないことが多々あったのです。
自分は受験したことがなかったので、そんなにTOEICの基準が必要だというなら一度受けてみようと思いました。例えば、実際に600点というスコアはどれぐらい英語が出来れば取れるのか、身を持って体験してみようということです。
せっかく受験料を払って受けるので、ただ闇雲に受験したくはなかった私は、通信教育を受けることにしました。なにせテストがどんな風に行われて、どんな感じの問題が出るのか分からなかったのです。通信教育を受ければ、試験の内容とか時間配分などの受験テクニックが多少なりとも掴めるだろうと思ったからです。受けた通信教育は「TOEIC 500点突破コース」。3万数千円の費用が掛かりましたが、無職であることをいいことに、それなり勉強しました(あえて“しっかりと”とは言いません)。
結果、スコアは690点。受けた通信教育が“500点突破”だったので、その効果は発揮されたと言えるでしょう。でも、この690点の価値には疑問が残りました。500点ぐらいから750点ぐらいの人の間に、本当に英語力の差はあるんだろうか?確かに、留学経験などがあって、本当に英語の出来る人は900点以上とか満点とか取れるらしいので、それらの人との違いは明らかにあるでしょう。でも、500点ぐらいから750点ぐらいの点数を残す人の間では、受験テクニックや解答のコツ、勘の良し悪しなどでいくらでも結果が変わってくるような気がしたのです。なんといっても、マークシート方式ですからね。
一応、受験後は、履歴書にスコアを書くようにしていますが、あまり自信を持ってアピールする気にはなれないというのが正直なところです。

カテゴリー: 求人 | タグ: | コメントをどうぞ

緊張型頭痛の症状とは

緊張型頭痛の症状とは、それは我慢できないほどの痛みではありませんが、毎日続いたり、あるいは数時間から数日の頭痛が反復したりして起こる場合があります。原因では、毎日パソコンの前に長時間座って仕事をしているような人に多く見られる症状で、ときには肩や首のコリなどを伴う場合があります。症状としては頭が締め付けられているような重たい感じの頭痛ですが、偏頭痛といわれるものよりは症状としては痛みが少ないということです。長時間パソコンなどの集中することで、ストレスから頭や肩周辺などの筋肉が異常に緊張することで起きてきます。一般的には眼精疲労などを伴っていつも重たい感じの頭痛が続いていくものです。
緊張型頭痛の改善方法としては、ストレスを解消する・リラックスを心がける・体を動かす・筋肉への緊張をほぐすというように、いつも同じ姿勢で仕事などをすることを改善します。発症の予防や痛みを抑えるための薬物療法を行うということもありますが、まずは生活習慣というものを見直してみることも大切です。
また、緊張型頭痛が起きる原因としては、精神的なストレスが起因している場合があります。精神的に緊張している状態が長時間続くことで脳では、痛みを調整する部位が機能不全を起こしてしまうことが原因です。性格的に真面目で几帳面な人がかかりやすいといわれています。
それで、まず自分の場合には痛み止めなどを使用していることが多いですが、パソコンが原因の場合だと思われる場合には、少しの間パソコンから離れることで解決してしまう場合も多いです。

カテゴリー: 生活 | タグ: | コメントをどうぞ

うつ病改善食について

うつ病の改善食には、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質とをバランスよく摂取することが必要です。動物性では肉や卵、そして植物性のたんぱく質では豆腐や納豆といった食事を食べるようにすることでうつ病の予防から改善まで効果があるということです。それは脳内物質といわれるアミノ酸を摂取することでうつ病の発症を抑えたりするものです。
毎日の食事からうつ病を予防できるなんてこれにこしたことはありませんが、同じ材料でも調理の仕方で味や食感も違ってくることがあって、できるだけ食べやすいものへとすることで食欲がなくても食べてみるようになることはあるようです。
それで、うつ病ではないかということを疑うようになったら、まずはじめに食事での栄養摂取のことを考えてみることがいいかもしれないですね。日常的に栄養失調に陥っていれば体調がおかしくなってくるのは当たり前だということですので・・。それで、とりあえず体調不良には牛乳を飲んでみることも必要です。牛乳は、はカルシウムを補給してくれるし、体調を直してくれるのに役立ちますよ。それにうつ病の人でなくても更年期などの症状の場合、牛乳を飲むことでイライラとした気分を沈めてくれることもあるし、まず体調を整えるのであれば牛乳をおすすめです。
とりあえず、体が軽くなってくる感じがしてなんでもやる気になってくるので嬉しいですよね。牛乳とは偉大だなということをしみじみと感じてしまいますよ。

カテゴリー: 生活 | タグ: | コメントをどうぞ

春の秩父のお気にいりスポット

今朝は天気があんまりよかったので、車でふらっと秩父へ行ってきました。めざすは横瀬町の「あしがくぼ果樹公園村」。
果物のシーズンではありませんが、私は果樹園村から山を少し登ったところにある「山の花道」という自然スポットが大好きで、山の空気を吸いによく訪れるのです。
まだ芽吹いてはいませんが、早春の山にはなんともやさしい気配があって、俳句の季語の「山笑う」という表現がぴったり。ほんとうに山々がにこにこ微笑んでいるようです。こちらの頬もついゆるんでします。
昔から秩父はよく行っていましたが、あしがくぼの「山の花道」というスポットは知りませんでした。昨年の春、友人に誘われてカタクリの花の群生を見るために初めて来て、一度で気に入ってしまいました。
「山の花道」というとなんだか平坦な散策路のような印象がありますが、かなり深い山の中をちょっとしたトレッキング気分で巡ることができます。高低差もけっこうあるので運動にもなり、気分転換には最高。尾根づたいのトレッキングを楽しむハイカーもいるようです。
「山の花道」の一帯は、こカタクリの自生地として有名らしく、ちょうどみごろの時期でしたので、山の斜面を覆う見事な群生を堪能しました。けれど私は「アズマイチゲ」という可憐な白い花に、より心ひかれました。カタクリの間に小さく群れて咲くアズマイチゲはキンポウゲの仲間だそうで、その白さがつつましくも鮮やかです。
山を下ったところに「道の駅」がありますので、食事や休憩もばっちり。去年撮った写真で確認してみたら、アズマイチゲを見たのは4月12日でした。アクセスも良くロケーションは抜群、なのに人出はほとんどまばらでした。穴場スポットなのかもしれません。
来年の4月にはカタクリとアズマイチゲに会いに再訪するつもりです。

カテゴリー: 旅行 | タグ: | コメントをどうぞ