緊張型頭痛の症状とは

緊張型頭痛の症状とは、それは我慢できないほどの痛みではありませんが、毎日続いたり、あるいは数時間から数日の頭痛が反復したりして起こる場合があります。原因では、毎日パソコンの前に長時間座って仕事をしているような人に多く見られる症状で、ときには肩や首のコリなどを伴う場合があります。症状としては頭が締め付けられているような重たい感じの頭痛ですが、偏頭痛といわれるものよりは症状としては痛みが少ないということです。長時間パソコンなどの集中することで、ストレスから頭や肩周辺などの筋肉が異常に緊張することで起きてきます。一般的には眼精疲労などを伴っていつも重たい感じの頭痛が続いていくものです。
緊張型頭痛の改善方法としては、ストレスを解消する・リラックスを心がける・体を動かす・筋肉への緊張をほぐすというように、いつも同じ姿勢で仕事などをすることを改善します。発症の予防や痛みを抑えるための薬物療法を行うということもありますが、まずは生活習慣というものを見直してみることも大切です。
また、緊張型頭痛が起きる原因としては、精神的なストレスが起因している場合があります。精神的に緊張している状態が長時間続くことで脳では、痛みを調整する部位が機能不全を起こしてしまうことが原因です。性格的に真面目で几帳面な人がかかりやすいといわれています。
それで、まず自分の場合には痛み止めなどを使用していることが多いですが、パソコンが原因の場合だと思われる場合には、少しの間パソコンから離れることで解決してしまう場合も多いです。

カテゴリー: 生活   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>